平成23年 鹿児島修猷会総会

平成23年2月5日、鹿児島修猷会が開催されました。
総勢21名の出席。
本部から出光会長と私(田中)、それに吉田敬介氏(昭和51年卒)、学校から亀岡館長の参加です。
第1部は講演です。
宮田晋氏(昭和40年卒、宮田内科消化器科院長)により、「ピロリ菌の話」がありました。
ピロリ菌は研究の結果、胃潰瘍や胃がんを発祥の原因になっていることが判明したそうですが、
日本人はピロリ菌の感染者が多いそうです。
この菌を消滅させることは可能だそうですので、皆様治療してみてはどうでしょうか。
第2部は懇親会です。
三好宣彰幹事(昭和55年卒)の司会で開会となりました。
会場が「磯くわはら館」という西洋料理の店のためか、鹿児島ですが皆様ワインを多く飲まれています。
鹿児島修猷会の出席者は、幅広い年代に広がっています。
最年長は昭和27年卒の吉村望会長ですが、
昭和58年卒のまで満遍なく参加があってますが、
平成卒が昨年の5名から2名の参加になったのは残念でした。
閉会となり、宮乃露酒造代表取締役の宮崎幸代氏(昭和50年卒)提供の島美人を土産にもらい、
亀岡館長とも連れ立って二次会に繰り出しました。
亀岡館長はカラオケがとってもお上手です。
参加者が昨年より少し減ったのは残念ですが、講演を組み込んだ内容の濃い総会でした。

修猷館同窓会 事務局長 田中雅美

CIMG0511CIMG0517CIMG0519CIMG0525CIMG0527

ライン