修猷館同窓会 平成23年12月役員会議事録

平成23年12月役員会議事録
日時 12月15日(木)18;30~20;00
場所 修猷館同窓会館
 
1、会長挨拶
 
2、報告事項
(1)学校から
        ・7月実施の海外研修旅行の学内報告会を行った旨の報告がありました。
(2)支部総会報告
        熊本: 11月26日(土)中嶋館長、田中事務局長出席、25名の参加。
        沖縄: 11月26日(土)川村幹事長出席、13名の参加。
        長崎: 12月10日(土)中嶋館長、川村幹事長出席、34名の参加。
(3)支部総会予定
        鹿児島;2月4日(土)、大分;2月18日、宮崎;1月予定
(4)東北修猷会について
        来年1月5日から実施予定の在校生による東北研修旅行を支援するため、
        東北在住の同窓生が「東北修猷会」を今回立ち上げました。(11名)
(5)各種委員会より
        菁莪編集委員会から、今回は記事が盛りだくさんになるとの報告がありました。
(6)その他
        ・S27年卒高野氏より中村研一画伯(T3年卒)の色紙の寄贈がありました。
        ・野崎常任より11月20日実施の通信部会50周年記念同窓会への協力に対する
        お礼の言葉がありました。
 
3、審議事項
(1)応援歌DVDの作成について
        在校生に対する同窓生有志による応援歌伝承会もメンバーが高齢化している。
        この際、館歌、応援歌を正しく伝承していくためDVD化する。
        DVDは3月までに作成し、歌集をつけて在校生に配布すると共に、
        同窓生にも有料頒布することを決定しました。
(2)修猷協会所有の土地譲渡問題について
        土地問題検討委員会より、西南学院との打合せ状況について中間報告がありました。
        土地の譲渡については順調であるが、代替地の話し合いが難航しており、
        問題は越年することになりました。
 
4、その他
        ・平成24年 役員会・学年幹事会合同新年会は、1月12日(木)18;30~
        ホテル一楽で行う

平成23年度 熊本修猷会総会

11月26日、第20回熊本修猷会が開催されました。
学校から中嶋館長、同窓会本部からは私こと田中雅美、通信制の野崎常任幹事の参加です。
開会に先立ち中嶋館長持参の修猷の四季を題材としたDVDの上映がありました。
四季の花々を挟みながらの学校生活を紹介した美しい作品です。
開会とともに、まず参加者24名で記念撮影。
記念写真を見てお分かりの通り、皆さん赤い法被を着ています。
これは、荒川君(平成2年)の発案で昨年作ったとのこと。
燃えるような赤が火の国熊本にマッチしています。
ちなみに、荒川君は沖縄修猷会の法被の仕掛け人でもあるとのこと。
今後、各地の修猷会で流行するでしょうか。
 
それから、今村熊本修猷会会長(昭和35年)、中嶋館長、
私の挨拶の後、福山(昭和27年)さんの乾杯で懇親の時間となりました。
全員の自己紹介がありましたが、この人数では全員の自己紹介が可能で、それが魅力です。
参加人数を増やしていくことは絶対必要ですが、
全員自己紹介が不可能になるのも寂しい限りで難しいところです。
館歌斉唱でお開きとなりました。
ここ数年参加者が減少気味とのこと。
若手の掘り起こしを期待します。
 
                                                                  修猷館同窓会 事務局長 田中雅美


kumamoto_000 kumamoto_001
kumamoto_002 kumamoto_003
 
集合写真はこちらをご覧ください→<熊本修猷会のホームページ>

PageTop

ライン