バレーボール部創部90周年記念行事の報告

修猷館バレーボール部創部九十周年記念行事の報告

                             小宮康裕(昭和58年卒)

 平成29年8月27日(日)、修猷館バレーボール部創部90周年記念行事を、修猷館高校体育館とソラリア西鉄ホテルで開催しました。

 記念式典当日は修猷館体育館に、九州を中心に関東、関西からOB・OG83名(遠方から13名)、現役男女34名、計117名が集結しました。

 試合に先立ち開会のセレモニーが行われました。佐藤篤二福岡実行委員長の挨拶、江口善雄修猷館館長の祝辞に続き、吉見健三東京実行委員長から“ノーミスかつ相手を崩す攻撃的サーブを極めよ”との激励があり、男女現役選手にとって、勝つための貴重な指針になるのではと思いました。OB会から現役男女への横断幕の贈呈後、全員で記念撮影を行いました。

 13時より記念試合を開始。現役男子チーム対中堅OB、現役男子チーム対若手OBでは、1セット目は接戦の末にいずれもOBが先取するも、2セット目は現役が勝利しました。現役女子チーム対OGでは、6人制対9人制という変則的な対戦ではありましたが、接戦の末OGが2セットとも勝利しました。男子OBの9人制での対抗戦では、いずれの選手も珍プレーの中に、現役時代を彷彿とさせるプレーを垣間見ることができました。今回はOGの参加が多く、その点でもたいへん盛りあがる記念試合となりました。

 18時よりソラリア西鉄ホテルにて記念式典・懇親会が開催されました。来賓は、江口館長、福高バレー部OB会会長の八尋太郎氏、旧会長の橋本清史氏、修猷バレー部旧顧問の白川昌弘先生、深江久嗣先生、仁部さゆり先生、現顧問の執行勇作先生、田中友美先生、瀬戸口辰也先生で、OB62名、OG13名、総勢84名参加の盛大な会となりました。

 開会の辞、物故者への黙祷、福岡・東京の各実行委員長の挨拶、江口館長、八尋太郎、橋本清史両福岡高校バレー部関係者からの祝辞の後、昭和23年卒の荒谷俊治先輩(東京フィルハーモニー交響楽団、クリーブランド管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団などの指揮を歴任。第四代日本指揮者協会会長)の記念講演では、ユーモアを交えながら世界を股にかけた活躍の話をお聴きすることができました。各テーブルでは、世代を超えての歓談が続き、あっという間に2時間が経過しました。

 館歌斉唱、今年春卒業のフレッシュOB5名による万歳三唱、閉会の辞で会は終了しました。OB・OG・現役にとって、楽しい記憶に残る一日になったと思います。

 昭和51年、創部50周年を記念して、部誌「星の光」を発刊して以来、星の光60、星の光70、星の光80を発刊してきました。創部90周年の記念事業の一環として、星の光90の編集を始めており、年内発刊を目指しています。

4月役員会議事録

4月 役員会議事録

1.会長挨拶

この4月には入学式が行われた。今年も優秀な生徒が入学した。式に参加したが、大人な学生が多数いた印象を受けた。「学校の勉強をよくするように」と伝えた。4月は学年幹事会の議案作りという重要な会である。副会長と会長をこれまで続けられたのも、橋田副会長始め皆さんに支えられたからであり、感謝を申し上げる。

2.報告事項

(1)学校から

江口館長から挨拶があり、3月卒業式、4月入学式の話題が述べられた。昨日から応援歌練習が始まったとのこと。さらに今年度より、修猷館卒業生の岡本先生が教頭として赴任されたことが紹介された。

※今後のグランド整備についての説明(江口館長)

(2)転職職員への餞別について

職員5名に対して餞別

(3)学校新旧管理職との懇談会について

3月30日(木)同窓会から5名 学校から6名

(4)各種委員会から

●名簿委員会

S62松本:各学年の名簿データの貸し出しは事務局に確認の上行う。

3.審議事項

(1)平成29年度学年幹事会について

事務局より、資料をもとに説明

今回は、S51卒より議長を、S52卒より副議長をそれぞれ選出

議事(1)(2)平成28年度事業報告・収支決算について

S55上田監事より監査報告がなされた

<質問意見>

S61中本:事業報告に「藩校サミットの記念冊子の発行」をいれるべきでは→了解

議事(3)平成29年度事業計画・予算案について

資料3 支部総会に中国四国が追加された

5.議事(4)役員選出について

資料5によって説明された(S36田中敦氏が退任、H12松尾光泰氏が新任)

(2)その他

●グランド整備について

学校の要請と修猷協会の助成について今後審議する。

4.その他

・S36田中敦幹事ご退任の挨拶:

20数年で2度目の卒業です。31歳の頃から学年の名簿委員として同窓会に関わるようになった。常任幹事は当時20名。中学と新制高校の混在した時代だった。修猷は4年制。波呂幹事長のとき、幹事の定年制を提案し今の制度になった。修猷200周年のとき、西新岩田屋で美術展をした。ホームページのお手伝いもした。どれもいい思い出です。若い力で母校の発展のためがんばっていただきたい。学年挙げて支援します。

・H12松尾光泰新幹事の紹介がなされた。

・S41幹事は武藤紹生氏から渡邉章氏に交代されたことが報告された。

以上

3月役員会議事録

3月 役員会議事録

1.会長挨拶

同窓会入会式に列席した。今後、同窓会の活動をしっかりとやってほしい、困ったときには相談を、ためらうな、昨今の社会はリスクが多いというが楽しいことも多い、ということを伝えた。同窓会役員会からも参列いただいた。卒業式は立派であった。館長より「今時こんな高校があるのかと感心した。自分で考えて自分で責任をもってやる。これは理想だと思っていたが、それが実際に修猷にはある」という趣旨の式辞を述べられた。

2.報告事項

(1)学校から

別紙のとおり(教員入試業務のため)、要点のみ以下に記す。

1)3月3日(金)同窓会入会式

久保田会長、大賀常任幹事長、田中事務局長、S63卒ならびにH1卒各3名列席。

2)3月4日(土)卒業式。久保田会長はじめ同窓会からの来賓多数列席

3)第71回修猷大文化祭。3月18日、19日開催予定

 

(2)同窓会入会式について

3月3日(金)同窓会入会式。久保田会長、大賀常任幹事長、田中事務局長、S63卒ならびにH1卒各3名列席。同窓会から卒業生へ卒業証書ファイルを寄贈されたことについて、父母教師会会長S61中本さんからお礼が述べられた。

(3)支部総会報告

・大分2/18(土)本部から大賀幹事長、学校から江口館長(18名)。なお、大分では、大分市と別府市で交互に開催されており、今回は別府市で開催された。

(4)各種委員会から

●菁莪委員会

(S45森下)7箇所のミスがあった。2月にホームページにて訂正とお詫びを掲載済み。

(H10村上)内容の変更点として、随想において若い世代(20、30、40歳台)からの執筆があったこと、部活OB会の報告が加えられたこと、支部だよりの充実、等があった。配付資料によって、菁莪に関するアンケートの依頼がなされた。

●歴史伝統伝承委員会

平成29年度の応援歌伝承会が6月3日(土)午後に予定されていることが報告された。

●名簿委員会 とくになし

●ホームページ委員会 とくになし

(5)その他

(田中事務局長)2/22に修猷協会理事会が開催された。

・協会から学校への助成の確認があった

・H29予算計画、資産運用の報告があった

3.審議事項

(1)中国・四国修猷会の設立の承認

東北支部の設立経緯が広島での新聞で報じられたことをきっかけに、S38卒を代表になされていた元々の活動と併せて設立の機運が高まった。当初は広島支部とする予定であったが、「中国四国修猷会」として設立することとなった。中国四国で300名の同窓会員が名簿上で確認されている。今回の設立総会には49名が参加(若手は平成25年まで)。代表者はS38藤野善武さん、S46河野浩さん、設立発起人会12名。

なお、支部として設立が承認されると、同窓会総会へ招待されるようになる。

→異議なしで承認

(2)藩校サミットへの今後の対応・方向性

藩校サミットの内容や今後の関わり方について議論が行われ、今後も継続して考えることになった。

4.その他

H3野村より、6月9日に東京修猷会総会が開催されることの告知がなされた。告知カードを配布、川柳を募集。

以上

サッカー部 創部50周年記念懇親会のご案内

♪.:*:・’゜☆.:*:・’゜♪創部50周年記念懇親会のご案内♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪

日時 平成29年5月26日(金)19:00~21:00

会場 ホテルオークラ福岡 地下1階

オークラブルワリー

http://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/brewery/

会費 学生 3,000円

一般 6,000円

世代を超えた楽しい交流の場となるよう企画いたします。

ぜひご参加ください!

※返信の方法※

下記事項を記載の上、添付の事務局アドレスにご出席の旨をお知らせください。

①卒業年次

②氏名

期日 平成29年4月30日まで

修猷館高校サッカー部OBOG会<syuuyuukansc.obog@gmail.com>

事務局連絡先

090-6638-0705

S57年卒 阿比留

 

::::::::::::::::::::::::::::

2月役員会議事録

2月 役員会議事録

1.会長挨拶
「菁莪」「第13回全国藩校サミット福岡大会記念誌」完成について。
2.報告事項
(1)学校から
・若山牧水青春短歌大賞の優秀賞受賞(2年生)
・数学オリンピック本選進出(2年生)
・第11回エコノミクス甲子園全国大会に県大代表として出場し47都道府県中14位(2年生2名)
(2)役員会・学年幹事会合同新年会について
1月12日(木)ホテル一楽 108名参加
(3)支部総会報告
熊本は震災後、初めての支部総会であり、災害の状況等の報告があった。
(4)各種委員会から
菁莪委員会 菁莪発送について
(5)サミット報告
11月26-27日開催、香川県丸亀市で第14回藩校サミットについて
(6)その他
・H8年常任幹事、「中村真次郎」氏から「田中健吾」氏に交代。
・佐賀大学教官を務めた彫刻家の緒方氏の広田弘毅像が寄贈された。緒方氏は福岡市美術館前の広田弘毅像の作者。
・広島を中心とした「中国四国修猷会」の設立について。
・H30年度同窓会総会:2018年5月26日(土)ホテル日航にて開催
3.審議事項
(1)藩校サミット記念誌の一般者への頒布の件
今後ホームページ等で周知。
(2)藤香会入会の件
藤香会に法人会員(1口1万円/年)として入会することで承認された。
4.その他
・「吉田博(M22中学修猷卒)美術展(2/4~3/20@久留米市美術館)」主催RKBより案内。チラシを希望者に配布された。リニューアルされた修猷資料館にも吉田氏の作品が展示されている。

中国四国修猷会設立総会について

3月5日(日)17時より、広島駅近くのホテル・ニューヒロデンにて「修猷館同窓会・中国四国支部」設立総会を開催することができました。
当日は、大賀同窓会本部常任幹事長・松川近畿修猷会会長・蟹江中京修猷会前会長のご臨席を仰ぎ、また5月の福岡総会の幹事学年である昭和63年卒業生キャラバン隊3名の方にも参加いただき、合計45名の館友に集っていただきました。
この設立総会開催に至るまでには、大賀常任幹事長の支部設立に向けた数々のご助言、近畿修猷会Eメール網を通じた広島県在住の館友の紹介、蟹江中京修猷会会長・出納東北修猷会会長からの各種情報提供と、多方面からご支援があったからこそと、発起人一同深く感謝いたしております。

当日のサプライズ企画として、現役時代に着用していた修猷館の女子制服に身を包んだ影島友子さん(平成2年卒)に、RCC中国放送(TBS系)のアナウンサーとして活躍されている中根夕希さん(平成22年卒)がインタビューをする場を設けました(写真ご参照)。

 

IMG_20170305_182814

 

詳細は長くなるので割愛しますが、影島さんと中根さんの以下の言葉により、参加された館友全員が、女子制服を通じて「館歌に謳われている修猷の精神」が脈々と受け継がれていることを強く感じたことと思います。

 

【影島さんの修猷館女子制服に対する想い】
修猷館女子制服の六光星を背に負うことは、「『我等が使命』を背に負うこと」だと思っている。そして卒業してからは「六光星と共に背に負った『我等が使命』を果たしてん」といえるような人生を送るべく努力したいと思っている。そのことを忘れないためにも「六光星のセーラー服」を大切に持ち続けている。

 

【中根さんのインタビュー締めの言葉】
男女共学開始から70年経ってもデザインが変わることなく着続けられた修猷館女子制服の六光星が、これからも永遠に輝き続けることを祈って、インタビューを終えます。

この後、影島さんが持参された「ワールド館歌」というDVDを皆で視聴しました。これは世界各地で「我等が使命を果たしてん」と活躍されている館友が、館歌を歌い繋いでいく15分位のDVDで、視聴し終わった時は、自然に感動の拍手に包まれました。

最後は館歌斉唱と「フレーフレー修猷」のエール、「何十年ぶりかに館歌を歌ったばってん、歌詞を忘れとらんかったばい!」「広島で皆で館歌を大声で歌える日が来るなんて、思いもせんかった!」との先輩の言葉も聞かれ、正に昭和30年卒業から平成25年卒業の館友45名が、半世紀の年齢差を超えて「修猷時代に戻った」2時間30分であったと思っています。

 

写真 2017-03-05 19 14 56

 

今回はマンパワーの関係で、同窓会発行名簿上で広島県及び岩国市に在住の111名の方にしか案内状を送っておらず、誠に申し訳ありませんでしたが、次回(来年6月下旬に開催予定)は中国四国地方在住の同窓生300人強の皆様へ案内する予定です。

 

中四国集合写真

「菁莪2017」について

「菁莪2017」に誤字がありました。
訂正してお詫びいたします。

 

1:表紙裏  解説文「修猷史料館」⇒ 「修猷資料館」
2:p25下段 平成11年度卒 ⇒ 平成11年卒
3:p29下段 平成28年度卒 ⇒ 平成28年卒
4:p64上段 昭和56年度卒 ⇒ 昭和56年卒
5:p65上段 昭和42年度卒 ⇒ 昭和42年卒
6:p66上段 体育部(19) ⇒ 運動部(19)
7:p74 修猷館各支部会長名簿 宮崎修猷会会長 南嶋洋一(S29卒)

「全国藩校サミット福岡大会」記念冊子販売について

同窓会誌「2017菁莪」発送の☆同窓会事務局よりご連絡☆にも記載しました通り、

平成27年10月に開催されました「全国藩校サミット福岡大会」記念冊子

ーグローバル時代を拓く修猷館の息吹ーを作成いたしました。

 

1冊500円(送料込み・振込手数料はご負担ください)で販売いたします。
ご希望の方は事務局までご連絡ください。

 
サミット記念誌表紙
 

**(連絡先)修猷館同窓会 事務局 **
〒814-0002 福岡市早良区西新3-12-14
TEL:092-821-0663 FAX:092-821-0672
E-mail: jimukyoku●shuyukan-dosokai.com
※●を”@”に置き換えてください。
同窓会館受付時間 月~金 10:00-16:00

修猷館同窓会 平成28年11月役員会議事録

平成28年11月 役員会

1. 会長挨拶

本日は、久保田会長が欠席により、橋田副会長が代理。

 

2. 報告事項

(1)  学校から

ラグビー部が準決勝に進出して3位。

11/18(金)に海外派遣報告会が開催される予定。

10/24(月)に文化講演会が開催された。「菁莪」に採録予定。

 

(2)  支部総会について

近畿 11月 5日(土)  大賀幹事長、学校より江口館長 230名参加

沖縄 11月19日(土)

熊本 11月26日(土)

長崎 12月 3日(土)

東北 12月10日(土)

大分  2月18日(土)

※各支部に所属していない会員が参加することはできるが、事前に各支部に連絡してほしいとのこと。連絡先は、ホームページに記載されている。

http://www.shuyukan-dosokai.com/

 

(3)各種委員会から

・歴史伝統伝承委員会(S59福泉委員長):10/28(金)に学校の先生方を交えて委員会を開催。応援歌DVDの在庫がなくなったため、追加制作する。2千枚で70万円。一部、歌詞の誤記などあるため、修正を行う。大まかな内容に変更はない。

・菁莪委員会(S45森下委員長):一口アンテナは11月末まで。短い内容でもよいが連絡先を含めていただけると助かる。

・記念誌作成委員会(S63大野委員長):年内発行を目指して準備中。

 

(4)その他

特になし

 

3. 審議事項

(1)  藤香会入会の件

■趣旨説明

黒田家の歴史伝統を守る藤香会会長の山崎拓氏から同窓会会長宛に賛助会員(1口1万円/年)の文書での依頼があった。会長の意向としては、役員会に諮るようにとのこと。

どう対応するか。

■審議

【応じるか否かについての意見】

・個人的には応援したいと思うが、同窓会の目的は、親睦と母校の発展に寄与すること。会則に定められている、「必要な事業」には当たらないのでは。

・「同窓会会員に加入を呼びかけてほしい」との依頼ならまだ分かるが、同窓会自体が加入するのは筋が通らないのでは。

・今回のような依頼に対応していたらキリがなくなる。議事に取り上げること自体どうか。

→黒田藩を継承する会を支えるということであれば、黒田藩にゆかりのある修猷館同窓会が支援するのと他の会を支援するのは一線を画すことは可能ではないか。

・せめて藤香会のことがもう少し分かってからの方がよいのでは。必要なら藤香会からアピールに来てもらうのもよいと思う。

【金銭面に関する質疑・意見】

・加入の場合、どういった予算から捻出するのか

→今年度は予備費から出すことになる。

・困窮しての依頼であれば、仮に支援するとしても1口1万円/年しか加入しないのは意味がない。

■本日の結論

本日の審議をふまえて事務局で再度検討する。

今後の進め方も含めて一旦あずかる。

 

(2)  資料館運営委員会新設の件

■趣旨説明

資料館を11/3に一般公開した。県に引き渡したことでひとまず修猷協会の手からは離れた。しかし、実際にはまだ所蔵品が多数整理されないまま残されている。これまでにS32大島氏やS36田中(敦)幹事が中心に尽力されてきたが、新しい人に担ってほしいとのことだった。「菁莪」で担当してくれる人を募集するというアイディアもある。

そこで、資料館運営委員会を新設したいがどうか。

■審議

【新設委員会の位置付けについての質疑・意見】

・新設される委員会は役員会の下部組織なのか。「菁莪」で委員を公募するような委員会の新設の是非が役員会の審議範囲になるのか。

→会則に定められている通り、「必要な場合に委員会を設置することができる。」主なメンバーは常任幹事だが、役員でない会員も委員となることはできる。

【「菁莪」で委員を公募することについての意見】

・(S45森下委員長)S32大島さんに委員会で行う内容について尋ねたが、「一口に言えない」とのことだった。「菁莪」に載せるのであれば、作業内容や手当について決めてほしい。

→同窓会はボランティアなので手当はない。作業内容は多岐にわたるし、委員会新設前なので具体的な作業内容を決められる段階でもない。

・(S36田中幹事)絵画が100点以上、書が100点以上、書籍が3千冊以上(資料館と図書館に分かれて所蔵)ある。まず、何がどこにあるかの整理をして、データベース化して、建物自体の管理もする。その3点が大きな役割になると思われる。

・役員以外のメンバーの決定方法や具体的な作業については、委員会が決めればよい。

■本日の結論

資料館運営委員会を新設する。

委員は事務局で検討する。立候補する常任幹事は、2週間以内(11/24(木))までに大賀幹事長に連絡する。

 

(3)  その他

特になし

 

4. その他

 特になし

※12月役員会は休会です。

 同窓会事務局 年末年始休業 12月29日(木)から1月4日(水)

 1月合同新年会 1月12日(木)19時から ホテル一楽

以上

第20回宮崎修猷会総会のご案内

このたび以下のように、第20回宮崎修猷会総会を開催いたします。

ご多忙中とは存じますが、同窓会の皆さまにも是非ご出席を賜りまして、 今の母校の様子や在校時の思い出などをお話しいただければ幸いに存じます。

宮崎在住の館友一同、心よりお待ち申し上げております。

 

 

宮崎修猷会年会

日時:平成29年1月21日(土)18:00~18:30

場所:隠れ里の懐石料理 わらしべ

〒880-0001 宮崎県宮崎市清水2丁目8-2 電話番号:0985-23-7016

場所の詳細については、下記をご参照ください。

https://tabelog.com/miyazaki/A4501/A450101/45000418/

 

宮崎修猷会懇親会

日時:平成29年1月21日(土) [同日] 18:30~21:00

場所:同上

 

*連絡・問い合わせ先

宮崎修猷会事務局 光田 靖

e-mail:mitsuda●cc.miyazaki-u.ac.jp

※”●”を”@”に置き換えてください。

ライン